過眠

自宅に戻ってきてからすぐのころは、朝早くに目が覚めていた。環境が激変したからか。

近ごろは朝が起きれなくて、きょうも昼まで眠っていた。安心してきたのか。

きょうは、市役所へ送る書類を用意していた。移送費申請書と、求職活動状況・収入申告書と、明細のコピー(Amazonから印税の入金)。

セブンイレブンでマルチコピー機を使おうとしたら、先に二人の男の子がいた。双子のようにそっくりだった。一卵性双生児だろうか。コピー機だけに?

プリンターを前に買ったけどうまくいかず、結局コンビニでプリントアウトするのだった。印刷が必要なことのほうがむしろ稀であり、市役所がメールのやりとりですませてくれればよいのにとも思うけれど、こと生活保護となると本人が生きているかどうかといった問題が常に横たわっているのであり、生存確認が大きく関わってくるような場合はむしろアナログのほうがいいのかもしれないなどと考えてみた。システマチックに生存確認をする方法も、技術的にはあり得そうだけど、現実には、企業ならともかく地方自治体がそこまでできないのだろうとも思う。

夕飯のことを考えるのを忘れていた。買い物をしていない。夕方になってしまった。暑い時間帯が過ぎたから、出かけるにはいい頃合いかもしれない。しかしだめだ。

眠い。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中