こどもになりたい/おかあさんがほしい

幼稚園児のころ、家族でもって車で出かけたときに眠ってしまったときに、父親が抱っこしてくれて布団まで運んでくれたような……そんな記憶があるような……。そうしてもらいたくて、わざと居間で寝て、布団まで抱えてってもらったりしていたような……。

10代で入った飲食店で、上司に頭を撫でられて、「ああ、もう子ども扱いしちゃいけないんだったな」と言われて、いや、もっと、子ども扱いしてほしいと思ったこともあったっけ……。

これは。

なんだろう。。。

一時的な、退行現象なのか…………。。。

甘えたい…………、世話されたい……。

こどもになりたい、まだ、おさないこどもに……。

おかあさんみたいなひとが、あまやかして、抱擁して、頭を撫ででくれて、そんな……そんなふうに……。

愛情を……注がれたい……。

ただ存在しているというだけで、愛される……まわりのひとが、かわいいねと言ってニコニコしてくれる……おさないころみたいに……無償の愛情が……。

ありのままの、あるがままの、じぶんを、受け入れてもらいたいとおもうことが、こどもじみたわがままなのであれば、わたしは、とくになにかをしなくても愛される、存在するだけで価値があると言ってもらえる、そんな、おさないこどもに、なりたい……。

あまえは悪か?

愛情とは何か?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中