憎悪

奪われたのはなんだ。

ひとからさんざん奪っておいて、わたしは悪くありませんというむしろ被害者ですといわんばかりのあの態度。ゆるせない。ゆるさない。

外部との接触はインターネット。

他人との接触は断たれ、交際は禁じられ、社会との接点を失い、閉鎖的な空間に閉じ込められていた。長い間そうしていたら本当に何もできなくなって、弱くて無力な人間になってしまった。否定的なことばに敏感で、ちょっと触れただけで絶叫するほどの痛み。耐えられないほどの……。

どうしてあんなふうにきつく怒られて人との交際を禁じられなけらばならなかったのか……。どうして関係を断たなければならなかったのか……。どうして絶交されたのか……、どうして今、私は孤独感に苛まれているのか……。

どうして。

なぜ。

悔しい……憎い……。怒りがふつふつとこみ上げて、私はそれに押し潰されそうになる……だめになりそうで、必死に耐えている。

人と接していたい、繋がっていたい。禁止されない今ならできるはずだ。

どこへでも行ける、誰とでも会える。

なのに、

それなのに……

なぜこんなにも……

身動きがとれない……?

つらい。くるしい。こわい。さみしい。にくい。

仕事がしたい。

友たちがほしい。

私がなにしたっていうんだ。

あのひとが、ひとりではさみしいというから、いたんじゃないか。

身の回りのことができないというから、やってきたんじゃないか。

それなのにどうして!

悔しい……!

私がいなければ自殺するんじゃなかったのか!

おい! どうした! まだ、生きてるのか? 自殺しろよ! ほらはやく!

ひとから奪っておいて!

平気な顔をして!

むしろこちらが悪いとでもいうように!

ユルセナイ……。

ナンデ、オマエハ、イキテイルンダ!

オマエノヨウナ、ゴミクズガ!

おまえのせいだ!

ぜんぶおまえがわるい!

「あなたがわたしを怒らせた」だと?

ふざけるな、

自分のことしか考えていない、年齢だけオトナになった、ワガママで、自己中心的な、3歳児が

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中