いろいろ

NHK震災関連番組をみていたら、ネット上で知り合ったひとの奥さんの母親が出ていた。
mixiで知り合ったひとで、もう切れてしまったけども、マイミクさんだった。あの日、あの時、彼は妻と子を探していた。日記に写真や名前を載せて、情報提供を呼びかけていた。私には何もできなかった。結局、妻子は亡くなられたが、彼は探し続けた。妻の遺体を見つけた。お子さんはまだ行方不明のままだということが、テレビをみてわかった。彼がいまどうしているかは知らない。

アイスピックで刺される痛みと恐怖を想像してみた。今日、買い物に行くとき、歩いていた。道には人。とくになにがあったでもないのに恐怖心がふと湧き上がる瞬間があった。

ミカ・ワルタリ著『エジプト人』の下巻を読んでいる。飢餓、暴動、虐殺の描写に苦しくなる。主人公の愚かさ、召使いの主人公との会話(意見の対立、責める言葉、ご主人様といって慕う)。リアリティ、現代的、普遍的、文学的。理想主義と現実主義の対立、厭世主義者(ペシミスト)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中