書を読み感じ想う

むかしは読書感想文も書いていたけれど、自分に見る目がなさすぎてやめた。ただ、書評でも感想文でもないけど、

フランツ・カフカ『変身』―青空文庫
を、これは介護の話だと思ったことを思い出した。誰かの解説では違うことを言っていたからたぶん違うのだろう。

中島敦『狐憑』―青空文庫

を読んで、これは群集心理の話だと私は感じたが、ほんとうはそうではないだろう。

ただ、どちらも、おもしろかった。

(おわり)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中